Wonderful Stories of Miz.K

Miz.Kとかいう限界オタク大学生のブログです。

四国旅行〜徳島編

注・この日は予定が大幅に狂った日の記録です。よって徳島編は1記事のみです。と、いうか「香川・岡山・徳島編」になってしまった。
これを踏まえたうえで見て下さい。

善通寺を9時46分発の南風3号で、大歩危に行きます!


山奥を進んで行きます。

シートにしばらく座ってるとすぐに大歩危に着きました。

(小股で歩くと危険だから小歩危、大股で歩いても危険だから大歩危)と、いうように大歩危峡が有名です。ではそーゆー事でいろいろ見て回りました。
特徴的な駅舎です。デザイン良いですなぁ。

吉野川が流れています!やはりキレイです。

こうして駅に戻り、こんな感じの「大歩危ロッコ号」↓

に、乗るつもりだった・・・。がぁあぁぁぁああ!!!!!!!!!!
運転開始日は4月1日、今日は、3月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
う!!!何と言う事だ、。こうして自分がとった判断は・・。

1,次の岡山行の南風で逆戻り。えええ!!!
2、行き先は、琴平。えええええ!!!!!

3、こうなったら、やけくそだああ!せめて瀬戸大橋トロッコだけでも乗ってやる!ええええええええええ!!!!!!!!!!!??

・・・。さっきのは忘れてください。で、瀬戸大橋トロッコに乗ることに。

え〜感じの並び。で、出発時間は、12時17分。
先頭のキハ185系は特急車両なので最高時速110キロ!なのに時速60キロ弱の超ノロノロ運転。なぜかというと、既に琴平からトロッコ乗車区間だったのです。(なので速度を落としてた。)でも、キハ185系の席、特急用だから乗り心地良い!あと、全区間ロッコのると寒い!ので宇多津まではキハ185系側にのります。
30分近くかけて宇多津に到着。そして、トロッコ車両に移ります。そして列車は瀬戸大橋に突入!!!

(与島SAを瀬戸大橋から見る)おお、景色いいです。
しかぁーし!!!問題は風でした。なんと今日はすごく強い風が吹いています!心地良いんですが、吹きすぎ!
その時!帽子が吹っ飛んだ!!!でも後ろの人がナイスキャッチ!あやうく帽子を無くすところだった。
と、いうことで一時的にキハ185系に避難www

そして、戻って景色を見ました。



さて、児島に到着。ここで降ります。
そして、13時35分発の快速マリンライナー33号に乗って高松に行きます。
今回はパノラマグリーンを確保しました!!!

そして、ココで駅弁(タコ飯)を食べます。

旨い。たこに味が良くついてます。
そして景色を眺めながら高松に行きます。



そして高松に到着。1時間くらいダラダラして、15時8分発の高徳線特急うずしお15号に乗り、徳島に。

この列車、途中オレンジタウンにも止まった。乗降があるのか無いのかと思っていたら3人降りてました。比較的便利なようです。
そして、徳島に到着。・・・・・・・。しかし、本当の予定狂いはこれからだった。
次の列車まで2時間余り。徳島を観光しようとしたその時!突然大雨が降り出した!雷も落ちたような・・・。天気予報では降水確率30
%といってたのにこの様子。

ごらんのとうり雨です。鳴門に行き先変更しようとしたが、断念。こんな中で2時間以上も待つのかorz
・・・。と、言う時に入線してきたのが、特急うずしお22号岡山行。
・・・。徳島県民の皆さん、すんません。乗ります・・・。
こうして自分は、香川県に撤退しました。  終わり。

なんという!!!徳島編のクセに徳島の名所1箇所しか行ってないじゃないか!!!
では、今から今回の反省会を。
5つの反省点。
1・出発時間が遅かった。
2・予定見直しもせず決行した。
3・効率的なルートが他にもあった。
4・高松ですぐ乗換えたら徳島で接続列車を確保できた。
5・降水確率30パーセントを馬鹿にしていた。
との事です。次回、今回の旅とは全然関係ないけど、2年半前に行った徳島、牟岐の特別編を書きますので、
ご了承を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

〜徳島特別編に続く?〜いや、特別編を書く。だなぁ。(色々すんません)