Wonderful Stories of Miz.K

Miz.Kとかいう限界オタク大学生のブログです。

今年の夏の事を色々まとめてみた

・坂出花火大会
坂出の初めの一発はいきなりドガアアアアアアアン!!!」とデカイのが撃たれたので、正直迫力ありすぎでしたがビビりました。
いろいろと事情があり、駅のホームから見ることに。


時間差で光と音がきますなあ。

輝いていて綺麗です。
赤い光がゆっくりと消えていくのがいいです。

2番線から見たらこのような光景。

坂出はこれまた派手にやってくれました。
いかに少ない発数で綺麗に美しく見せるか、という感じの花火でした。
10号玉(県内最大)を使っているので結構人気があるようです。

特急しまんと号が到着。

サンライズ瀬戸 東京」何気なくすごいです。
学生のひとが「え、東京!?すげえ・・・。」とか言ってました。

・丸亀花火大会

イカ焼きとコーラを買い、席を取りました。
おお、始まりましたぞ!

前半20分はたしかスタンダードにどんどん打ち上げるのですね。


「ババババァァァァーーーン!」
ものすごい音を立てて花火が炸裂しました。
その後、幻のように消えてゆきます。
前半が終了しました。後半は迫力が出るそうです。

これまた凄まじい音を上げて花火が上がっていきます。
花火のクロスも見られました。
そして、終了!!!
もう撃ちあがらないよな。
・・・何分かたったよ〜。
もう帰ろう!片付け用意〜!
…………………………………。


『ドドガガーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!』


滅茶苦茶ビビりました。
でも、最後に綺麗な連射が見れて良かったです。

・高松に外出

特急で高松に直行!しかし、弟が乗ろうとしません。・・・・・・。「おい乗れよ!」
・・・・・。ガシャン・・トン。ドアが閉まりました。そしてあのVVVFインバータならではの音を立てて出発です。
駅のホームと弟を列車は去って行きました。手を振ってやったぜ!
ん?一つ重要な事にきずきました。「確か特急のってギリギリでイオン高松行きのバスに接続してるんだよな…。弟が乗らない=待たなければならない=バスに乗り遅れることは確実」

特急料金払った意味無くなる
結局高松に着いてから、10分程度弟が後続の快速で来るのを待ち、その間にバスは発車しましたとさ。
・・・。時間を無駄にしてしまったので連絡船うどんを真夏なのに熱いのを食べました。やはりダシがいい!
旨かった!汗ダラダラだけど。
そして次のバスを20分近く待ち、イオン高松まで行きました。
そして、さらに20分後、イオン高松に到着。なんかかなり時間を無駄にした気分ですな。
まずは、ゲーム売り場に。弟は何も買いませんでしたが、自分はどき魔女ぷらすを買ってやりました。
はやく遊びたい!ですが家に帰ってから。
エレベータで3階に。そして、基地展開!!!

ここに居座って宿題を一気に攻略。

イオン高松はイスの種類がたくさんある、展望席が広い等かなり凝っているところが見れます。イオン綾川は無理やり広くした感じがします。

景色いいです。ここで宿題…。
そして、駄菓子をスーパーで買いました。
そして、バスで高松駅に戻ります。
うおおっ!
なんとキハ47ですよ〜!いまや新型車両の登場により全滅の危険性が高い車両です。しかもタラコ色+四国色。

先頭車両はタラコ(首都圏色)。ペンキ塗装料金節約のために朱色4号(タラコ色)一色にしたのが始まりで、国鉄末期のローカル線で広く見られました。素朴すぎる色が人気だとか。


連結部から両車両を見たところ。

中央連結部。両車両から国鉄車ならではの乾いたようなけたましいディーゼルエンジン音です。
匂いもしますが、それがまた風情があるんですよ。

がんばってますが、さすがに老朽化は隠せません。ペンキの一部がはがれています。

・・・よ〜く考えたら四国色が採用されているのは、国鉄車両ばっかりですやん。

そして、駅のホームにものすごいエンジン音が鳴り響き、出発しました。

自分は、その後、各駅停車で(わざとだよ!)帰りました。