Wonderful Stories of Miz.K

Miz.Kとかいう限界オタク大学生のブログです。

ニンテンドー3DSを買ったぞ!!!

みなさんご存知、ニンテンドー3DS、発売日当日に購入しました!(2011、2、26)
発売当日、開店は10時15分ですが・・・なんと、朝4時30分から店の入り口に並びました!
4時半ですよ、4時半。なんと、3DS目当てに6時間強も並びました。
↓早朝にはさすがに人は6人程度しかいませんでしたが、朝7時ごろにはこの様子。ああ、長い列だなあ。
行列
毛布基地
↑毛布基地を作り、そこでゲームをしてすごしました。だるいなあ。
〜数時間後・・・〜
店がオープン、専用売り場で整理券を見せて、購入。
領収書

  1. ニンテンドー3DS本体 アクアブルー 25000円w
  2. N3DSソフト ニンテンドッグス+キャッツズ 4080円
  3. N3DSソフト スーパーストリートファイター4 4080円
  4. N3DSソフト リッジレーサー3D 5800円

総合計 38800円www

あらま、これは学生には痛い出費だ・・・・・・。しかし、弟がほぼ全額払うからな!(そもそも、発売日当日に買おうといったのが弟だからw)
↓おお、これがニンテンドー3DSですか。結構でかいですよ。では、どんな感じなのかお伝えしたいと思います。
N3DSアクアブルー

  1. 本体のでかさについて★縦幅はDSIと同じ、横幅はDSIよりでかいです。
  2. ボタンの操作性について★テキストを見たとき、「パッドスティックの真下に十字ボタン・・・。まさか、ゲームキューブみたいに十字ボタンが使いずらいわけないよな・・・。」と思っていました。しかし、普通に快適に操作できました。ただ、手の小さい人には使いずらいかな・・・というレベルです。
  3. 画質について★めちゃくちゃきれいです。ポリゴン表示能力も大変高性能でした。1ドットがどれくらいか分かるのにかなりの時間を要します。3DSをした後に普通のDSをしたら、恐ろしいくらい画質が悪く見えてしまうほどでした。
  4. 従来のDSソフトの互換性について解像度が変わったので、1ピクセル=1ピクセル互換で、画面が小さく表示されるのかなあ・・・と思っていたのですが、どうやら画面が拡大して表示されるようです。カクカクの拡大ではなくて、パソコンの拡大の感じです。だから、画質は劣化しませんが、画面がにじみます。精密な操作を要求するゲームなどでは、難しいと思いますので、従来のDSでプレイされることをお勧めします。追記★どうやら従来のDSソフト起動時にスタート・もしくはセレクトボタンを押しながら起動すると、1ピクセル=1ピクセル仕様(3DSの解像度に合わせた画面サイズ)でくっきりした画面で楽しめるようです。勉強不足でした。取説はきちんと読むべきですね。すんまそん。でも精密なタッチ操作はやはり旧DSのほうがいいですね。
  5. 3D表示(飛び出す)についてはっきり言いましょう。めちゃくちゃすごいです。迫力の面では映画の3Dに一歩譲りますが、画質の面・奥行き感ではコチラが完璧に勝っていました。任天堂さん、良くこんなマシンつくったなあ、と思うばかり。今までの3Dは「人の手によって作られた物」と思うと、こちらは「実際に自分の空間で存在してるもの」になってしまいます。マジで。本当にすごいです。あまりにすごすぎてプレイ後10分で3D酔いしてしまいましたwwwwああ、めまいが・・・。

↓実際にN3DSでプレイしている俺の弟。「うわあ、すげえ!画面に手を入れたら物が触れそうだ!」といって恐ろしいほど興奮しておりました。まるでこの世のものとは思えないものを見た感じでした。
しかし、30分後・・・3D酔いを起こして逆に静かになってしまいました・・・。
N3DSアクアブルー