Wonderful Stories of Miz.K

Miz.Kとかいう限界オタク大学生のブログです。

広島へ旅行へ行った。前編

話の始まりは、今年3月ごろ・・・。
ひさびさに旅行へ行こうとしたのですが、うーむ。また1人か。
たまには誰かをさそうか・・・?
弟は・・・、暑さ寒さ眠さダルさにすぐダウンしてこちらも疲れる。
それならば、クラスで誰かいるかな?
まあ、最初は軽い気持ちでしたので何人かの人に「俺と旅行いく?」みたいな事を言ってみました。
すると、ほとんどの人は金銭的問題等から無理と言うことでしたが、1人だけ行けるかもしれないと言うY君(以下、ここでは
友達とする)がいましたので、その友達と色々話し合いした結果、5月5日に旅行へ行くことになりました。
坂出駅、5時過ぎ集合。先に来ていた友達と合流。私がきっぷを手渡します。
ホームに上がり、しばらく待つと列車が到着。坂出発05時54分、快速マリンライナー4号岡山行き。
列車に乗り込む。私は先頭車両、運転室右側の前が見えるところ(通称 前面展望ゾーン)にいます。
ここから高速で景色が流れていくのですから、楽しいのです。
いつもどおり、瀬戸大橋をわたり友達に今日のスケジュールを軽く説明。
超過密スケジュールですよ。まあ、いつもそうなんですけどね。
茶屋町駅を発車後、高架を降りた列車は地上を走る。
この区間は昔は単線区間で、特急列車が普通列車を駅で待つために運転停車なんてこともありましたが、
ほぼ全ての区間で複線化工事が完了。早島駅を通過するとき、高松行きマリンライナーとすれ違う。
昔はココで止まっていたんだなー、と思うと関心。しかし、大元駅前の高架に入る部分は単線で
ここで赤信号食らって3分ほど停車。貨物列車が通過していきました。
旅客列車(しかも快速)を貨物列車のために待たせるのはどうかと思うが、以前よりマシになったのでいいか。
まだ眠い中ぼーっとしていると、岡山駅に到着。
改札口近くのイスに座る。近くの売店で適当に朝飯を選んで買い、新幹線乗り場へ。
今回乗るのは新型N700系*1による運用の、
新幹線みずほ号です!
寝台特急「みずほ」が廃止されて随分たちましたが、このような形でブルートレインの列車名称が復活するとは、驚きですね。

やってきました。乗り込みます。
おお、車内内装がすごい。


やはり、新幹線は速い。駅をあっという間に通過していきます。

車内全景。従来のN700系は、近未来を意識したような内装でしたが、
新型N700系は「和」を意識した内装ですね。

デッキは木目調の壁で統一。

洗面台までしっかりとあります。

喫煙ルームを備える事により、全席禁煙化を実現。

デッキ。まっすぐ進むとグリーン車へ!

とても長いデッキ、設備の良さ、まるでホテルのようだ!

指定席座席。新幹線は5列シートが一般的ですが、指定席で4列とはなんと贅沢な。
座ると、首や背中がとても楽。リグライニングもしっかり倒したら、なんと快適なことだろう!!!
木目調のアームレストも良い感じ。

内装に見とれた後、しばらくゆったりしていたらすぐ広島に到着。
岡山〜広島間をたった42分で結ぶなんて、すごすぎます。
新幹線ホームから、改札口を出る。駅前の路面電車乗り場へ。
ここから、広島市内観光へ。(ちなみに時刻は7時30分ごろ)
まずは、原爆ドームへ。

1945年8月6日8時15分。
アメリカ軍により、原子爆弾が投下される。
一般市民までもが犠牲になりました。
・・・何回も思うが、アメリカ軍は原爆投下を「人体実験」や「性能テスト」としか思ってないのだろう。
そうでなければ、多数の民間人が住む大都市に投下しなかったはずだ。
戦争で民間人を殺すことは、国際法で禁止されている。
8月9日には長崎にも原子爆弾が投下される。
しかも、一部のアメリカ軍人は「日本本土侵攻時に、原子爆弾を使え」とまで言った者がいます。
・・・まだこりてないのか、アメリカは。
8月15日、日本降伏の際、昭和天皇は次のようにおっしゃっています。

敵(アメリカ)は新たに残虐なる爆弾(原子爆弾)を使用し、無実の人々までをも殺傷しており、惨澹たる被害がどこまで及ぶのか全く予測できないまでに至った。なのにまだ戦争を継続するのなら、我が民族の滅亡を招くだけでなく、人類の文明をも破滅しかねないであろう。


ドームだけ、時代が止まったような雰囲気です。

8時15分、投下時刻には鐘が鳴ります。それに合わせ、私と友達は黙とう。
核兵器はしょせん、抑止力にしかならない兵器だ。
使用した後が、もう大変だ。(使用したら世界中から非難をあびることになる)
核兵器が使われない世界を望むべきです。


次は、路面電車に乗り、縮景園へ。


きれいなところです。日本の文化はすごいですね〜。
ゆったりまったり、景色を楽しむ。

広い池。多くの木に囲まれています。
・・・列車の時刻が迫る。
広島駅に戻ります。
ここから、快速瀬戸内マリンビュー号で、呉に行きます。
指定席は満席だったので、自由席車両に。


まるで船の中のよう。さすが観光列車。

列車名の通り、海もしっかり見れます。

40分後、呉に到着。
ここから、大和ミュージアムへ行きます!

広島旅行 中編に続く。

*1:N700系自体は2007年にデビューしたが、今回の新型車両は九州新幹線仕様となっており、内装はまったくの別物である。