Wonderful Stories of Miz.K

Miz.Kとかいう限界オタク大学生のブログです。

島根旅行その1〜特急やくもで松江へ〜

〜特急やくもで松江へ〜

10月17日、月曜日ですが、先日の文化祭の振り替え休日でしたので、
自分とY君そしてS君(以下友達A,友達B とします。)の3人で行きます!

出発する1週間ほど前、岡山駅に切符を買いに行きます。もはや恒例行事?
「松江・出雲くるりんパス」という切符を購入。
木次線宍道出雲坂根間の往復乗車券と、奥出雲おろち号の指定席券も購入。
3人全部あわせて58110円なり。

「松江・出雲ぐるりんパス」はまさにチート的な能力を誇る切符です。
なんと、特急やくも号指定席で往復するだけで元が取れてしまうのです!!!
それにも関らず、有効期間はなんと3日間。フリー区間の特急列車自由席やバスが乗り放題な上、
観光施設への無料入場などの特典までついてくる充実っぷり。
これで12800円は異常なまでに安いです。
やはり高速道路に対抗するためなのか?と思わざるを得ませんでしたが、安いから気にしない気にしない。

旅行当日・・・DSIのアラームを3時50分に設定していたので、それで起床。
外は当然ながらまだ真っ暗。着替えて荷物整理をしていたら、衝撃的な事件が起こってしまいます!




ななな、カメラのレンズが壊れた!
私が小学2年生のときじいちゃんから貰ったカメラ。既にその貰ったときから古めの機種であることは分かっていましたが、
しかし、現行機にも引けを取らない性能でした。使いやすさ等から小学3年のころには使いこなせていた覚えがあります。
そのカメラが昨日まで普通に動いていたのにいきなり壊れるとは・・・。かなりショックでしたが、修理に出すか別の本体を買うかで補いたいと思います。
そのためしばらくはケータイで写真を撮って載せますので解像度が落ちます。ご了承を!


軽く朝食をとり車で坂出駅に。
すると、友達二人は駅で待っていました。
切符を二人に渡し、しばらく話した後駅のホームへ。
5時48分発の快速マリンライナーで岡山へ。
瀬戸大橋からは朝日が見えました。
あっという間に岡山に到着。
岡山では朝飯や菓子などを買い込み、7時5分発の特急やくも号に乗ります。

2時間30分かけて松江へ。
指定席券の席番を確認後、
列車の回転クロスシートを向かい合わせにして使う。
朝の倉敷駅はラッシュ中でした。
思えば今日は月曜日、友達と私は「他の学生が学校へ行っているときに旅行とかすごいなww」
という話で盛り上がる。今は8時40分、いつもは一時間目が始まっている時やwとも。

転換クロスシート付きリグライニングシート、普通車の座席です。
リグライニングの角度がグリーン車並にあり、快適に過ごせます。
ただ欠点もあります。席を回転させて、ボックスシートにしたとき、
背をむけあう席(自分の後ろ、前で顔が見えない席)と自分の席、両方がリグライニングを使ったときは
なんと二人とも最大傾斜まで傾けることができないのです!
↑実は今日やっと気づいたw
リニューアル前はそんなことなかったのですが、そこまで致命的でもないし、気にしないことにしましょう。

列車は中国山地を走っていきます。車内が激しく揺れるので、
リニューアル前よりマシになったとはいえ、乗り心地は良いとは言えないです。
しかし、車窓はなかなかのもの。
昭和時代を髣髴とさせる質素な町なみ。何も無い田んぼの隣にしかれている道路。平成生まれの私でもどこか懐かしい感じがします。
トンネルを抜けると大山が見えたりと魅力満載。
車内で、友達2人はアイパッド(と思う)を駆使してゲームなどをしていました。
しかし、それは一人用ゲームでしたので私は多人数プレイができるゲームをしようと提案。
忍ばせておいたDSIを取り出し、電源ON,起動したソフトは・・・、
[rakuten:twinsoft:10013306:detail]
ファミコンウォーズDS
私が好きな軍事シュミレーションゲームのDS版。今作を象徴するのは『先手必勝』。
先に攻撃したら格上の相手とも互角に戦えることもあるのです。
バス−カ兵(3000)と対空戦車(9000)がいい例です。
どちらのユニットも先に攻撃できるかどうかで強いか弱いか分かれます。
マップを作る機能もあるので、私が自作マップを作成、そのマップで3人対戦しました。
序盤は『歩兵兵力の充実』をモットーに都市群に大量の歩兵と支援兵器を送り込んだ友達B率いるブルームーン軍が圧倒的優勢。
次々と都市を制圧していきます。
私の軍(イエローコメット)は対戦車兵器の配備が遅れ、ブルームーン軍の戦車が脅威になったので、戦闘ヘリを生産し戦車を狩りまくりましたw
その威力をまざまざと見せ付けた戦闘ヘリ。ブルームーン軍の戦車がなくなった隙に自走砲や戦車などの援軍を送り込み、形勢逆転。
友達A率いるレッドスター軍は戦闘ヘリを量産してきたので、それを戦闘機で撃墜していきました。
最初は初めての友達のために手を抜いていた私でしたが、いつの間にか本気になっていたのでした。

しばらく遊んでいくと、松江に到着。

松江駅のホームに降り立つ。近代的な高架駅。
松江といえば和菓子が有名です。
『和菓子店巡り』をしていきたいと思います。
駅のバス乗り場へ行き、バスに揺られること4分。天神町バス停で下車。
まずは『中村茶輔』というお店に行きます。
店の事務所に迷い込んで(間違って入り)店の人の案内を受けましたw
でも、抹茶の機械での製造工程を見学できました。
そして、本店へいきました。
なんと『松江・出雲くるりんパス』を見せればその店の和菓子などを無料でいただけるサービスがあるのです!
切符を店の人に見せ、イスに座り待っていると・・・。

抹茶が出てきました。ではいただきます。
程よい苦味と深みです。香りもいいです。
友達Bは抹茶は苦手とのことでしたが、別になんとも無かったそうです。
私はとてもおいしかったので、お土産の茶葉を購入しました。

店はこんな感じ。友達も土産を買っています。
1店舗目からなかなかのもので、次に行く店はどんな和菓子が出てくるのだろうと思うと期待が高まります。
さて、次の店に行きましょう。

その2 和菓子店巡りの続き・タラコ列車から見る宍道湖の眺め に続く