Wonderful Stories of Miz.K

Miz.Kとかいう限界オタク大学生のブログです。

護衛艦せんだい一般公開へ行ったぞ!

今年の丸亀お城祭りの際に、護衛艦せんだいが一般公開されているというので行ってみました。

丸亀城大手門。私はお城祭りのあるイベントに参加していました。このイベントが終わったのでここから港へ向かいます。

しかし、思っていたより遠い。炎天下の中、歩き続けること30分…
勘を頼りに港方面に向かっていると…


ありました、護衛艦せんだい!

護衛艦せんだいの装備とスペック

排水量 基準 2,000トン 満載 2,500トン
全長 109,0m
全幅 13.4m
乗員 120名
兵装 76mm62口径単装速射砲 ハープーンSSM4連装発射筒 74式アスロックSUM8連装発射機
20mmファランクスCIWS 68式(HOS-301)324mm3連装短魚雷発射管


隣には陸自の装甲車も展示されています。

手続きを済ませた後、いよいよ乗船!


艦内の司令室。機関や艦の状態(浸水・被弾)など、状況がよく分かる装置が置いてあります。

指令室の先には、食堂がありました。思ったより多くの人が入れそうです。
また、壁には艦内の食事メニューもありました。量はまあまあですがメニューの種類は豊富です。
もちろん、ちまたで噂の・・・
 ※イメージ
海軍カレー」も健在。

艦内を一回りして、甲板へ進むと…


デザインは旧海軍の時代のものを引き継いでいる旭日旗がありました!
風が吹いていてよくなびいています。これぞ海上自衛隊の誇り。

ここで、せんだいの乗組員(水兵)の方と少し話をしました。
すると、艦のスペックや特徴などをとても詳しく教えていただきました! (実はここに書いていることの大半は教えてもらったものだったりする)

甲板から階段を上り、艦橋へ入ります。
写真右に見えているのは74式アスロックSUM8連装発射機という対潜ミサイルです。

↑68式(HOS-301)324mm3連装短魚雷発射管。

↑ハープーンSSM4連装発射筒。いわゆる対艦ミサイル(射程100キロ程度)で、現代の海戦の主役です。

急な階段を上り、艦橋へ入ります。中は機器が多くあって少し狭いですが、遠くまで見渡せる感じです。

乗組員の方が旧軍時代からの伝統であるラッパを演奏していました。本物を聞くのは初めてだったので、嬉しかったです。
そして、乗組員の方といろいろ話しているうちになんと本物の装備品(ラッパ・手旗・双眼鏡・帽子)を持ってみないか?という事になってしまい、予想外のサプライズでした!

↑いろいろ装備品を担いで、かなり喜んでいる(と思われる)筆者。将来は海自に就職!?


艦橋から見た前方の景色。
下には速射砲も見えます。(速射砲の中まで公開しているのには驚いた)


↑また、双眼鏡も実際に触らせてもらいました。よーく見えるぜ・・・(丸亀城天守閣にいる人まで普通に見えたのは衝撃)

こうして、思った以上に多くの発見があった護衛艦せんだいの一般公開。満足して、船を後にして、丸亀城方面に戻りました。

↓オマケ。お城祭り関連

↑祭り屋台の常連さんである焼きイカとコーンアイスを購入。今年は夜まで参加しようと思うのでこれで腹ごしらえ。↓

また、お城祭りでは陸上自衛隊のブースがあり、そこにも行ってみました。
すると、活動写真の展示や偵察用バイクの展示と試乗(本当に乗るだけだが)がありました。

せっかくなんで、バイクに乗せてもらって敬礼。自衛隊員の方が撮ってくれました。


見事なまでに晴れているぜ!ということで、今年はお城祭りでの総踊りイベントや、清掃イベント(ゴミ拾いの実施と呼びかけ)にも参加してお城祭りを楽しみました。