Wonderful Stories of Miz.K

Miz.Kとかいう限界オタク大学生のブログです。

 今週のお題「花火」 坂出花火大会へ行きました!

毎年、県内最大級の尺玉が打ち上げられる事が見どころの坂出花火大会。
同じ日に多度津でも花火大会があり、あちらのほうが花火の発射発数が多かった(坂出1500発・多度津4000発)のですが、迷わず坂出を選びました♪
どんなに花火をたくさん打ち上げようとも、あの尺玉の迫力にはかなわないでしょう。
という事で、今年の坂出花火大会はじいちゃんと弟、そして私の3人で行きました。

なんと花火は坂出湾内の至近距離(250メートルだとか)、目の前で打ち上げられます。
少し早めに行って、一番前の場所を確保しました。

夕ぐれ時の、番の洲コンビナート。火力発電所・造船所・瀬戸大橋のシルエットが美しいです。
暗くなってくるといよいよ花火大会が始まります。

花火大会会場へ向かう道には屋台が連なります。人であふれかえっていてにぎやかです。
日が暮れたころにはかなり混んできて、屋台に大行列ができ、十数分待つなんてことも。
屋台でコーラとたこ焼きを購入し、自分の場所に戻るまでも一苦労。


屋台から戻ってきたときにちょうど花火大会が始まりました。

『バシュッ』という音を出して、船から次々に花火が打ち上げられます。


花火は、空だけでなく、海面の色も鮮やかにしていきます。

花火で、空は少し明るくなります。
大量の煙が発生しているのも見えます。

花火大会の中盤、本日の見どころである尺玉連発シーンがやってきました!

尺玉は、格が違います。一発ずつ打ち上げられるのですがとにかく凄い。
重い発射音が響き渡ったと思ったら、上空で激しく火花を散らしていきます。

とても大きい花火で、一発撃つだけでも観客を唸らせるほどの大迫力。
とても見ごたえがあります。

また、一発で複数の花火なんてことも。とてもカラフルな取り揃え。

尺玉の打ち上げが終わった後、観客席からは拍手が。

花火大会の終盤は様々な種類の花火が打ち上げられました。

バチバチバチ・・・というしびれる音と見た目のスパーク花火。

最後は、ナイアガラの滝をイメージしたという花火で幕を閉じました。
今年も、大迫力の坂出花火大会でした。また来年も行きます!